お中元の超定番って?
2018年7月17日

あなたに合ったお歳暮を選びましょう

7月になると、お歳暮のシーズンが始まります。

西日本では8月上旬からとなりますが、この頃は全国的に7月スタートの傾向にあります。お歳暮商品を取り扱うデパートやスーパーなどは6月下旬にはすでに特設会場を開設しているところも多いです。

お歳暮は親戚や、職場などでお世話になった方々へ、感謝の気持ちを贈るものです。商品も、贈られた人のことを考えて、喜んでもらえるようなものを選びたいものです。

値段の相場は一般的に3000円から5000円くらいで、飲食物が主流です。定番の食用油やハム、コーヒーなどはもちろんのこと、夏場に贈ることもあり、ビールや素麺がよく選ばれます。

メロンや桃といった季節のフルーツなどの産直品なども人気です。さらに土用の丑の日が近いことから、鰻の蒲焼きを贈る人も少なくありません。

なお昨今の不景気や「お付き合い」に対する考え方の変化により、お歳暮は誰にも贈らない、という人も年々増えています。また、お世話になったご挨拶はお歳暮だけで済ませたり、お歳暮と両方を贈る場合もお歳暮を安く済ませたりする場合も多々あります。

贈られるほうが受け付けるのをやめている場合があるので、贈るほうの都合ばかりを考えるわけにもいきません。ただ一方で、普段の生活の延長として、友人への気軽な贈り物として利用したり、どこにも贈らず自宅用に購入する人が増えています。

そういった時代に合わせた新商品も毎年次々発売されています。せっかくの機会ですから、ぜひ自分に合った有効活用を考えてみてください。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です