ワキガや体臭の予防と対策方法

バナー

ワキガや体臭の予防と対策方法

ワキガや体臭の予防や対処方法として一番効果的なのが手術です。

でも手術にはお金もかかります。

大阪のワキガ治療情報サイトを活用しましょう。

医療機関の診察を受けて内服薬での予防ができます。

ただ根本的な対策方法とは言えません。

手術や内服薬以外で自分でできるワキガの臭いを減少させることはできます。


まずは汗を溜めない事です。ワキガや体臭の原因はアポクリン線などですが、分泌された時は無臭なのです。

脇に汗をかいて溜めておくと菌などが作用して臭いを発生させます。


こまめに洗浄や殺菌をすれば臭いを減少させる事ができます。

また臭いを香料で隠すマスキングという対策方法もあります。

ワキガの予防として一番大事な事は常に脇の下を清潔にする事です。
最近ではデオドラント石鹸と言われているものは脇の下の洗浄や殺菌に効果が期待できます。

大阪のワキガ治療情報サイトについて考えます。

また汗を抑える効果が期待できるものとしてミョウバンなどの軟膏があります。
臭いを発生させにくいものとして、重曹やホウ酸、フラボノイドなどがあります。


かいた汗への対処方法として、汗を吸収してくれるワキ用のパットや汗拭き用のシートなどもあります。脇の下を常に清潔にするために色々なものがありますが、その効果と予防を確認して自分の肌に合ったものを使用してください。また食事では動物性脂肪分を多く含む食べ物、肉類や乳製品をなるべく避ける方法もありますが、毎日の食事で栄養バランスの取れた食事きちんと食べる事を心がける事で予防と対策方法として効果があります。

私がワキガに悩まされ始めたのは20歳を過ぎたくらいで、自分の着た服から玉ねぎのような臭いがしていることに気が付いたのが始まりでした。
母親が緊張するとワキガのような臭いがしていたので、少し不安でしたが、見事に的中してしまいました。


冬などは汗の量が少ないのであまり気になりませんが、夏はこまめに汗を拭いたりして臭いを抑えるのに必死です。



使ったタオルなども、ワキガ特有の臭いが付いてしまうので、すぐに洗濯機に入れて洗濯してしまうようにしています。

耳垢が湿っている人がなりやすい人だということを知ってはいたのですが、真実だとはゆめにも思いませんでした。

タオルなどでこまめに汗をふいたりしてもシャツなどについてしまう黄色い汗染みに関しては隠すことが難しいので、臭いや汗染みが出来ないようにわき毛をしっかりと剃ったり、シャワーの直後にデオドランド製品をわきに塗るなどしていますが、数時間たつとまた少しずつ匂ってきてしまいます。
またわき汗用のタオルを持って外出するようにしていて、少しでもわきに汗をかいたらすぐに拭くことが出来るようにしています。


着ている服のわきの部分にもデオドランドの製品を塗るようにしていて、かなりの効果が感じられます。

将来的には、お金をためて美容外科などで手術をして治したいのですが、まだまだお金が足りません。女性としては、ワキガであるというのは大きなコンプレックスになるので、早くお金を貯めて手術などの専門の治療を受けたいと思っています。