ワキガ治療の基礎知識

バナー

ワキガ治療の基礎知識

ワキガを根本的に治そうとすれば、それは手術以外にありません。これはワキガの原因が、皮膚の下にあるアポクリン腺だと言う事実から来ているものです。

ですから制汗スプレーやデオドラントは、表面的な対処療法にしか過ぎないと言うことになります。
また食事療法にしても、ある程度は臭いを押さえることにも繋がりますが、やはりこれも対処療法の範囲に収まっています。

手術と言うのは、脇の下を切開してアポクリン腺を取り除くと言うことです。

アポクリン腺を取り除くと、その上にある毛根を取り除くことにもなりますから、手術後はわき毛が無くなることになります。

女性であればまたわき毛が無くなることは嬉しいですが、男性にとっては良く考えないといけないことでもあります。
ですから、人によってはわざと一部のアポクリン腺を取り除かず、わき毛を残しておく人もいます。

しかしわき毛を残せばワキガの臭いを完全に取り除くことができませんので、こういった点は事前によく先生と話し合う必要が出てくる部分です。



手術にやり直しはできませんから、こうした事前のカウンセリングの時間はとても大事なのです。今の手術法の一般的なものは、保険適用が可能なものです。これは両ワキで10万円を切っているうえに日帰りの手術なので、一番人気の手術なのです。

ワキガ専門のクリニックは独自の手術法を取っていますから、自由診療つまり保険は効かず、数十万円かかります。

ともかく事前の調査が必要なのは間違いありません。
自分がワキガかどうかは医療機関で検査をすれば調べてくれますが、行くのが恥ずかしいから行きづらいと思う方が多いと感じます。

臭いが気になる方でもワキガではない可能性もあります。

大阪のワキガ治療のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

可能性が高いと思われる項目をいくつかあげますので、可能性が高いかどうか確認してみてください。


まず1つめは「脇の下がツーンとする臭いがする方」2つめは「耳垢が湿っていてやわらかい方」3つめは「衣服の脇の部分が黄ばんでいる方」4つめは「脇の下の汗が特に多い方」5つめは「家族や親戚にワキガの方がある方」6つめは「脇の下の皮膚が茶色っぽい方」7つめは「わき毛が多く濃い方」8つめは「他人に臭いで指摘された事がある方」この8つの症状で当てはまる項目が多いほどワキガの可能性が高いと思われますが、必ずしも可能性が高いだけでワキガであるという確信は得られません。

臭いが気になる原因はアポクリ線や脂腺です。または化粧品や石鹸などでも物質が混ざり体温で温まれる事で臭いの原因になる場合もあります。
その臭いの強さや個人の臭いの好みで受け入れられるか受け入れられないか決まります。欧米ではワキガも当然のこととして思われています。

また欧米では臭いはフェロモンとして好まれる扱いになるといわれていますが、日本では決してそうではありません。

臭いは不快なものとして思われているので、自分の臭いを判断して対処する事で嫌われる事のないようにしていきたいものです。

大阪のワキガ治療情報は必ず役に立ちます。